虫歯治療

 虫歯治療について

セレック治療

セレック(CEREC)とは、ceramic reonstructionの略語で、セラミック修復を意味します。
従来のように歯形を取ってから、歯科技工所へ依頼するという流れではなく、コンピューターでセラミックス素材の被せ物や詰め物を製作することが出来ます。歯形をとる必要がなくコンピューターが設計・製作してくれるので、圧倒的にスピーディー。わずかな時間で治療可能です。


セレック治療は金属アレルギーの心配がなく、虫歯や歯周病のリスクも少ない「体にやさしい」歯科治療です。コンピュータで設計され、セレックによって作製された修復物を接着することで自然にフィット、付け心地や噛み心地も天然歯のように自然です。また、製作時間が短いので仮歯が不要となり、すぐに普段どおりの生活が送れます。仮歯が折れた、取れたといった際の、切削部分汚染といった危険性も回避できるので、医学的にもメリットが大きいと言えます。

初期の虫歯治療

歯の欠損を生じていない初期段階の虫歯であれば、レーザー治療をすることで、歯を削ることなく虫歯の進行を止めることができます。レーザーは歯の表面にはたらきかけ、健康な歯質を残すだけではなく、強化することができます。歯の耐酸性を向上させる効果もあるため、虫歯の進行を抑え、歯の再石灰化を促すなどのメリットもあります。また、レーザー治療は歯を削る治療ではないため、痛みもほとんどなく、ドリルを使用する際の不快な音が一切ありません。ただ、光を当てる治療なので、お口の構造上どうしても光を当てることができない箇所や、虫歯が進行しすぎている場合はレーザーだけでは治療ができないことがあります。

セラミック治療

金属アレルギーになる原因の一つに歯科治療時に入れた金属という研究結果があります。金属でできた詰め物・被せ物(いわゆる銀歯)には、このようなリスクがあります。アレルギーは口腔内だけでなく手や背中、顔などにあらわれる場合もあり、口の中の金属が原因だと気づかれない方も多いようです。 そのため、健康に良いセラミックを使用した治療を積極的に行うことが世界の潮流となってきています。歯科治療はお口だけでなく、体全体にも関わるものです。安心で安全なセラミック治療をおすすめいたします。


また、セラミックの詰め物・被せ物の製作の際には、その形だけでなく、歯茎との境目のライン、他の天然歯とのバランス、お口まわりの印象との調和まで考慮しております。被せ物の土台に使用するコアには、金属ではなくグラスファイバー製の「ファイバーコア」を使用。金属アレルギーの心配がなく、柔軟性があるために破折の防止にもなります。さらに、ファイバーコアは天然歯に近い白い色をしているため、被せ物にはより透明感のあるセラミックが使用できます。患者さまお一人お一人に合わせた製作、優れた材料の追及が、より美しい詰め物・被せ物の治療を可能にします。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯でお悩みの方は当院へお気軽にご相談ください

  • tel_03-3966-5698